辰巳琢郎の家物語
お客様の声
お客様の声
OBさん紹介
工房日誌BLOG
工房通信
工房通信
TDYリモデルスマイルコンテスト2012
TDYリモデルスマイルコンテスト2010
totoリモデルクラブ
タカラスタンダード
 

住宅R工房の入母屋・古民家リノベーション

 

築年数が古く地域独特の歴史ある伝統和風家屋である住宅は今なお数多く住まいとして使用されています。和室続きの間取りを基本とし、住むだけではなく冠婚葬祭等を考慮した住宅として考えてられてきました。
また、建物の機能的にも夏を過ごしやすいようにと考えられた住宅でした。

近年では冠婚葬祭に関する施設の充実やライフスタイルの変化により、個人宅で執り行うことは少なくなってきています。
また、温暖化の影響で夏は35℃を超える猛暑日、冬は0℃を下回る厳しい冷え込みが多くなり、夏と冬の温度にかなり差が出てしまう環境となっています。
時代の変化や環境の変化により、機能面でも「住みやすい家」ではなくなってきているのです。


それでも、
『自分が育ってきた家に、これからも住み続けたい』 

そんな我が家への”想い”があると思います。

古き良きものを活かし、さらに新しいものを取り入れ『進化』させる。

和室中心だった間取りを大きく変更し、LDKを中心とした使いやすい生活動線をご提案します。
また構造、基礎や断熱を見直すことにより強度や機能性もより向上させることができ、
構造体として取り外せない梁や柱を魅せる加工をし、蘇らすことも出来ます。
入母屋・古民家リノベーションではただ直すのではなく一級建築士事務所として監修し
『より住みやすい家』を提案して参ります。




入母屋・古民家をよりすむやすい家にするためには、今の暮らしにあった間取りの変更や耐震補強、安全性や快適性を向上させる必要があります。リノベをするにあたっての主な項目をご紹介いたします。



耐震補強
伝統和風家屋は壁が少なく太い柱や垂れ壁を耐震要素としています。一つ一つの建物について耐震診断を行い耐力壁、制振ダンパー等の耐震補強を行います。

 

断熱
冬の寒さは伝統和風家屋の課題の一つです。床下、壁、天井に最新の断熱材を施工します。窓は内窓またはペアガラスに入れ替え気密性を高めます。



間取りの変更
生活動線を見直して居場所となるLDK、梁を見せる吹き抜け、間接照明で落ちつく空間など古民家の特徴を活かした空間をご提案します。



自然素材
お客様のご要望に合わせ珪藻土や漆喰などの自然の素材を利用し快適性を向上させます。


入母屋・古民家リノベーション施工実績


お問い合わせはこちらから
pagetop