辰巳琢郎の家物語
お客様の声
お客様の声
OBさん紹介
工房日誌BLOG
工房通信
工房通信
TDYリモデルスマイルコンテスト2012
TDYリモデルスマイルコンテスト2010
totoリモデルクラブ
タカラスタンダード
 
リノベーションの流れ

住宅R工房オリジナル 耐震診断

住宅R工房では国土交通省監修の「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」((財)日本建築防災協会発行)に基づき独自の方法で耐震診断を行っています。耐震診断を行い、診断結果に基づいて耐震補強も行っております。耐震補強計画は、最新の法規に基づき建築基準法が改正された平成12年以降の基準で設計・施工を行います。直近では熊本での地震をはじめ、日本は地震が多く発生します。命と住まいを守るための耐震リノベーションをご提案しています。 図面チェックと現地調査を行い建物を分析します。耐震診断結果は報告書と「震動シュミレーション」で現況と補強後の違いを分かりやすくご説明します。報告書では現況図面に基づく診断で、評価を数値化します。また、「震動シュミレーション」では震動イメージを視覚的に分かりやすく比較できます。 ※報告書と「震動シュミレーション」は「アーキトレンドZ リフォームエディション」を基に作成しています。

図面チェック・現地調査

既存図面をチェックし、現地にて部材の劣化状況を検査します。検査は主に目視で行います。
■図面チェック項目
 ■耐力壁(筋かい等)の配置状況
 ■接合金物の仕様
 ■偏心率の確認
■主な現地調査項目
 ■屋根・外壁の劣化状況の確認
 ■内壁の劣化状況の確認
 ■床の劣化状況の確認
 ■木材の腐朽状況、シロアリの被害状況の確認

報告書1「耐震診断結果 ご説明書」

耐震性能を数値化して評価します。結果概要を簡潔で分かり易くまとめた報告書です。

報告書2「一般診断法による耐震計算」

「耐震診断結果 ご説明書」を項目ごとにまとめた報告書です。

「震動シュミレーション」

現況と耐震補強後で揺れのイメージを比較できます。

耐震補強を実施した場合の「耐震診断結果 ご説明書」

耐震補強をした場合、現況と比べて耐震性能がどれだけ改善されるかを数値化してご報告します。

option 補修提案

耐震性能が基準を満たしていない場合、オプションとして補強計画の提案を致します。

お問い合わせはこちらから
pagetop